フェイシャルエステの施術を受ける時、化粧して行っても大丈夫?

エステサロンにもよりますが、だいたいは化粧直しスペースを施設内に設けていて、そこを自由に使えるようになっているため、施術が始まる前に化粧を落とすことができます。

 

一般的に美肌に仕上げてくれるフェイシャルエステでは、化粧をしていない素肌の状態に施術をします。なぜかというと、これは化粧品に配合されている成分が肌に乗っているままだと施術の効果が出ないばかりか、肌にとっては負担となってしまうからです。

 

そのためエステを利用するときには化粧は禁じられていると思いがちですが、そのような注意事項は一切ありませんので安心してください。

 

もちろんノーメイクに抵抗を感じない人は、家を出るときから化粧をせずにエステに行ってもいいのですが、他人にすっぴんを見られるのは恥ずかしいという人は行く前に化粧をしても大丈夫です。

 

あまり時間をかけずに落とせるよう濃い化粧をするのは避け、軽めに仕上げておくと簡単に落とせますし、強い力でマッサージする必要がないので施術する前の肌に負担をかけなくてすみますよ。

 

また通常フェイシャルエステの場合は美容成分を導入する前には、スタッフが施術中にクレンジングと洗浄を行うようになっています。

 

自宅でのクレンジングと洗顔だけでは取り除けなかった毛穴の汚れなども、キレイに落としてスッキリさせてから美容成分導入やマッサージなどに進む目的があるためです。

 

この流れがあるので、施術の前に自分で化粧を落とすのもしっかり行わなくてもいいですし、場合によっては化粧をしたままでベッドに横たわり、そのままスタッフにクレンジングしてもらうことも珍しくありません。

 

さらにフェイシャルエステでは施術が終わったあとは、化粧直しスペースにて自由に化粧をすることも可能です。
とはいえ、せっかく高級な美容成分を使って美肌に仕上げてもらったのに、化粧をすると効果が薄れる可能性も少なくないので、エステ後に化粧をするのは推奨されていません。

 

後に予定があるのなら仕方ないですが、そうでないならばマスクなどを持参するなどして素肌のままでいるのがよい方法だと思いますよ。